MENU

【キーボード】YUNZII AL66で組むカスタムキーボード

キーボードを買い替えた。

新キーボードの全景

本体の買い替えに合わせて、いくらかキーボードのカスタムを行った。せっかくなので、現在のセットアップを残しておこうかなと思う。

前環境の不満点

そもそも前まで使っていた NuPhy Halo65 を買い替えるに至った経緯はそれなりに理由がある。

まず一つは、今はやりのガスケットマウントを試してみたいという点。

通常のマウント形式よりも底打ちの衝撃が和らぎ、それゆえ柔らかで丸っこい打鍵音になる。以前からこの手の打鍵音には憧れていたので、自分のキーボードもガスケットマウント搭載のものにしたい、という思いがあった。とはいえこれは不満点というほどではない。

本当に不満があったのはキーリマップの不自由さである。 Halo65 用のソフトウェアではキーマップを変更することができるが、これにはけっこう制約がある。具体的には、

  • キーマップを変えられるのは通常レイヤーのみで、Fn レイヤーのキーマップは操作不可能
  • デフォルトの位置にある Fn キーを別のキーにすることも不可能
  • なんなら Fn キーを新しく割り当てることも不可能

という問題点がある。

自分は Ctrl を Caps に割り当てて使っている。そのため左下の Ctrl には Fn を割り当てたいのだが、これが活かせない。また、最右列の 4 段め、 Up の右側のキーを Fn にする HHKB ライクな配置も試せない。

NuPhy はガスケットマウント搭載・VIA 対応の新キーボード Halo V2 シリーズを出してきている*1。しかし現在リリースされているのは Halo75 V2 と Halo96 V2 のみで、わが愛する 65% キーボードの告知はない。それどころか次のリリースは Rapid Trigger に対応した Field75 の次世代機ときた。ここから Halo65 V2 の発表を待って、リリースまでまた待って、さらに日本代理店での取り扱いを待って、と待ち続けるのはさすがにきつい。

そんなわけで代替品を探して、見つけたのが YUNZII AL66 というわけでございます。

新セットアップ

ここからは現在のカスタムキーボードをパーツごとにご紹介。

キーボード本体

表題の通り、 AL66 を使用している。

yunzii.com より

中国のメーカー、 YUNZII のキーボード。重厚なアルミ筐体が特徴。

まず何といっても無線接続があって、かつ技適が通っているからありがたい。最近の中華キーボードは Amazon で販売していながら技適を通していない無線を積んだものばっかりで困る*2。その点 YUNZII は「技適認証取得」とデカデカと書いてくれているので、こちらとしても大手を振って無線接続を使うことができる。

総務省 HP から検索するとバッチリ載っている。てか全角で書くなし

音もけっこういい。もっとも、最近はやりの Rainy75 だとか、同じく衝撃吸収の機構をもつ Mikeneko65, Zoom75 の打鍵音に比べるとやや元気に音が出るな、といった印象ではある。それでも市販のプレートマウントキーボードと比べれば格段に心地いい音が響く。ガスケットマウントのような衝撃吸収機構があるかないかの違いは、ガスケットマウントを搭載したキーボード同士の違いよりもはるかに大きい。

さて、肝心のソフトウェアだが、VIA にこそ対応していないがだいたい VIA と同じようなことができる。できることとしては、

  • 通常レイヤー、Fn レイヤー、Fn2 レイヤーの 3 レイヤーを搭載
  • すべてのレイヤーに自由にキーリマップができる
  • Fn キー、 Fn2 キーの再配置は自由に可能

といったもの。上であげた NuPhy ソフトウェアの問題点は解決されている。また、短押し・長押しで別の機能を割り当てることも可能。たとえばおれはスペースバー左のキーを短押し F7 ・長押し Alt となるように設定している。これで Alt キーをつぶさずに「一発カタカナ変換ボタン」を手に入れられる。

総じて完成度が高く、大きな不満なし。

AL66 は Amazon で買える。通常時はだいたい 1.8 万円くらいだが、セール時には値下がりして 1.4 万円程度になるので、セールのタイミングを狙うとよい。廉価なカスタムキーボードのベースとしてかなりおすすめ。

Keepa による価格履歴。セール時に大きく値下がりする

YUNZII AL66 ワイヤレスメカニカルキーボード 無線 65% ノブ付き アルミゲーミングキーボード Bluetooth/2.4G/有線 ホットスワップ対応 ガスケット搭載 潤滑済みスイッチ RGB Win/Mac用 技適認証取得(ミルクスイッチ、シルバー)

  • YUNZII

Amazon

キースイッチ

Everglide Sakura Pink V2 というスイッチを購入した。

everglide.co より

疲労軽減のために押下圧の軽いキースイッチを探していたら見つかったもの。キーボード好きの集まるイベント「天キー」での人気投票では上位を獲得していて、どうやらかなり人気らしい。というかそもそも軽いスイッチの候補はそんなに多くない。静音スイッチであれば Yushakobo Fairy Silent Linear Switch が候補に挙がってくるのだが、どうせガスケットマウントキーボードを使うなら音を鳴らしたい。

Cherry 赤軸に代表される通常のリニアスイッチはだいたい 45g 前後が主流なので、これに慣れていると押下圧 35g はめちゃめちゃ軽い。軽いキースイッチは誤打が増えるというデメリットがあるが、指への負担は軽くなる。

触ってみて気づいたこととして、ちょっとしたウェットな、バターを切るような手触りを感じる。おそらく工場品でルブが厚く塗られているのだと思う。最近のファクトリールブはかなり進化していて、よほどのフリークでない限りは自分でスイッチをルブする必要はないように思える*3

総じてお気に入り。非静音の軽いリニアの選択肢はあんまりないので、しばらくはこれを使い続けると思う。

遊舎工房が Amazon に出店していて、そこから購入することができる。ひと箱あたり 35 個入っているので、 AL66 につけるにはふた箱必要。それでも 5000 円程度なので手の出しやすいスイッチといえる。

キーキャップ

もともと購入していた Wuque Studio Keycap Stellar を引き続いて使用。Halo65 と一緒に使っていたが、 AL66 への乗り換えにあたって新たに換装した。

WS 公式サイトより。

このキーキャップについて、 Wuque Studio 公式の紹介文は次の通り。

Stellar was inspired by comets and shooting stars. Both shades of the color blue and pastel yellow were depicted by the light that they beautifully shined in our night sky.

Stellar is a set for stargazers, people who love the night sky, or even those who just happen to really like blue.

「彗星や流れ星からインスピレーションを得たキーキャップで、天体観測や夜空が好きな人にオススメ」とあるが、どう見ても彗星のごとく現れたスターの原石を意識しまくっている。

このキーキャップはデザインがいいのみならず、しっかりと打鍵音の良さにも寄与している。キーキャップに限らず、モノというのは重ければ重たいほど低い音が鳴る、ということはよく知られている。このキーキャップは素材として密度の高い PBT 樹脂を使用し、また分厚く作ってあるので、低く心地の良い音が鳴る。

Wuque Studio のキーキャップは品質が高いのでおすすめ。残念ながら Stellar はもう手に入らないが、シンプルなデザインのキーキャップが遊舎工房から手に入れられる。また、公式サイトから購入することも可能。

WS 公式サイトより。白地に黒のシンプルなデザインのものもある

スペースバー

スペースバーのみ、NuPhy GhostBar (Cherry, Yellow) に換装している。

nuphy.com より

英語配列のスペースバーはとても長く(だからスペースキーではなくスペースバーとよばれる)、それゆえ叩いたときの反響音も大きい。ところが GhostBar はこの大きな反響音をかなり打ち消してくれる。説明を重ねるよりも下の動画で打鍵音を聞くほうがわかりやすい。

https://youtube.com/watch?v=16YnbACh8hc%3Ffeature%3Doembedwww.youtube.com

OEM プロファイルと Cherry プロファイルの二種類が売っているので、市販のキーキャップにも合わせやすい。というか、これを使うことを前提に Cherry プロファイルのキーキャップを探してもいいと思う。

購入は日本代理店の NuPhy Japan から、あるいは遊舎工房から可能。また、個人輸入を厭わなければ NuPhy 公式のサイトからでも買える。日本代理店に比べて在庫が多いので、欲しい色がない場合はご一考。Amazon は種類が少なすぎ*4なのでお勧めしない。

キーボードマット

キーボードの下には、 KEEBMAT Premium Felt Edition (Light Grey) を敷いている。

keebmat.com より

キーボードマットを敷くと敷かないとでは、打鍵音に大きく影響がある。机に反響するズンズン、ドンドンというような低音がかなりカットされる。

同様の効果を得るならデスクマットでも O.K. ではあるし、なんなら使わないマウスパッドでもいいだろう。ただ、机をキーボードに専有させず、適宜どけて紙のノートや iPad を使いたい場合には、すぐに避けられる小さなマットが便利だ。

KEEBMAT は公式サイトから買える。Felt Edition のほかにも、カラバリの豊富な通常版もある。デスクの調子に合わせて選ぶとよい。

というわけで、現在のセットアップは以上。

キーボードに搭載される技術は日々進化している。もしかしたら 2 年後には全く違うセットアップを組んでいるかもしれない。ただ、かかるコストを考えつつ良いキーボードをつくる、という点では、現状かなりベストに近い答えを出せているように思える。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次